韓国におけるキャッシング事情とその2つの特徴

お金を借りたいというニーズは、どこの国にもあります。ほぼ世界共通の需要と考えて良いでしょう。 ところでお隣の韓国も、それは同様なのですね。日本にもそのニーズは多くありますが、あの国もやはりかなり根強いニーズがあります。

そして当然日本とは違う国になりますので、やはりその金融商品に関わるルールも色々と異なります。なかなか興味深い状況になっていると思いますね。 それには主に2つの違いがあるのですが、その1つとして手数料が挙げられます。

現在の日本のルールでは、年間手数料の最大値は20%前後になっているのですね。賃金業者で、その手数料以上になっているケースは、まず見られないでしょう。銀行などはさらにそれが低くなっている傾向があります。 ところが韓国の場合は、その手数料が非常に高いのですね。実に2倍以上の数字を誇っていて、現時点では49%前後になります

ですので100万を借りていれば、単純計算で1年間49万の手数料が発生する訳です。明らかにその数字が高い事だけは確実でしょう。まずその点が、日本と韓国のキャッシングの大きな違いの1つです。

それと向こうの国は、もう1つ大きな特徴があるのですね。30%のルールです。 現在の日本では、1年の収入に対する3割以上で借りる事ができません。例えば現在の自分の所得が1年で30万の時には、90万以上借りる事が不可能になります。

もっとも銀行は別なのですが。賃金業者で借りる時などは、しばしばそのルールが大きなポイントになってくるようですね。 ところが韓国の場合は、その30%のルールがありません。つまり日本の銀行とほぼ似ている状況なのです。

一見すると30%のルールは、デメリットのように感じられるかもしれません。しかしそのルールがある事で、必要以上に多くのお金を借りるのを防止できるのですね。ある意味その30%ルールは合理的ではあるのですが、お隣の韓国の場合はそれが無いのです。 それらを考慮しますと、やはり韓国のキャッシングは日本とは大きく異なると言えるでしょう。