借入返済は優先順位をつける

借入の際は、複数の金融機関から借りるよりも一つの場所で借りたほうがいいです。複数から借りていると、それぞれの金利の違いに振り回されて、返済の負担が大きくなるからです。最初から一つの場所に絞ってお金を借りておいたほうが管理はしやすいです。

しかし、それではお金が足りないので止むを得ず複数の金融機関からお金を借りているという場合には、優先順位をつけてお金を返していきましょう。どのローンにも返済日があるので、それまでには間に合わせる必要があります。これは前提として、どのローンの返済を優先的に済ませるかというのがポイントです。最も返済額が大きくなるカードローンの支払いを優先して終わらせておけば、その後の返済の負担を軽くすることができます。多額の借入をしているところや、高金利のところからまずは返していきましょう

また、ローン完済まであと少し頑張れば終わるという場合には、一括で返してしまったほうが利息の負担を減らすことができます。もちろん、完済したいからといって他の金融機関から借りるのはダメです。こうやっていると、いつまで経っても終わりません。金利が高いローンはリスクが高いと考えて、まずはここから完済できるようにしていきましょう。金利が低いところは、毎月最低返済額を返していけばいいです。もしくは、おまとめローンで返済場所を一つにまとめる方法もあります。おまとめローンは一つの金融機関の金利にまとめることができるので、うまく利用すれば返済金額を減らせる可能性があります。一つにまとめて管理できるので、あちこちの金利に振り回されずにわかりやすいです。例えばA社から20万円、B社から50万円、C社から60万円借りている場合、おまとめローンで借金を一本化すると借入金額が大きくなるので借入金利が下がります。消費者金融なら15%程度の金利、銀行ならさらに低金利になることもあります。まずは優先順位をつけて返すことを意識して、おまとめローンの利用も検討してみるといいでしょう。