借入審査で見られていること

借入審査では申し込んだ人の属性と信用度を数値化することで、客観的に合否を決めています。(借入の参考サイト)属性とは仕事や家族構成などのことです。年収は高いほどスコアが高くなりますが、毎月の金額にバラつきがあるとマイナスです。あまり高額でなくても安定した金額を得ている方が有利です。中小企業より大企業に勤務している方が印象が良くなり、公務員は高い評価を得やすいです。自営業者は年収が高い人も多いですが、会社に勤務している人は失業の可能性が低いと見なされスコアは高くなります。家族構成では結婚や子供、親との同居がスコアを左右します。結婚していると家族を連れて借金を踏み倒すことが難しくなるので、きちんと返済してくれると評価されます。

ただし子供がいるとスコアが下がってしまいます。子供は教育費など育てるのにお金がかかってしまい、返済能力を下げる可能性があるためです。反対に自分の親と同居していると審査に通りやすいです。万が一失業するなどで返済能力が無くなってしまっても、同居する親が長年の貯金や年金を使って代わりにお金を出してくれるためです。信用度を見極める審査では、過去に銀行や消費者金融でお金を貸し借りした時の状況がポイントです。

一度も借入していない人よりは、過去に利用して返済期日を守っている人の方がスコアは高くなります。一度も返済が遅れていない人が最も有利です。一度でも遅延してしまうと、今回の返済も遅れるのではと信用されなくなります。借入を申し込んだ銀行や消費者金融の他にもお金を借りている場所があるならば、できるだけ借入残高が少ないのが良いとされます。より多くの金融機関からお金を借りていると、その分返済が困難になる可能性が高くなります。一つの借金を返すために他の金融機関から借金をしている人もいます。キャッシング機能付きのクレジットカードも借金に含まれるので、利用していないクレジットカードは申し込む前に解約します。

借入返済は優先順位をつける

借入の際は、複数の金融機関から借りるよりも一つの場所で借りたほうがいいです。複数から借りていると、それぞれの金利の違いに振り回されて、返済の負担が大きくなるからです。最初から一つの場所に絞ってお金を借りておいたほうが管理はしやすいです。

しかし、それではお金が足りないので止むを得ず複数の金融機関からお金を借りているという場合には、優先順位をつけてお金を返していきましょう。どのローンにも返済日があるので、それまでには間に合わせる必要があります。これは前提として、どのローンの返済を優先的に済ませるかというのがポイントです。最も返済額が大きくなるカードローンの支払いを優先して終わらせておけば、その後の返済の負担を軽くすることができます。多額の借入をしているところや、高金利のところからまずは返していきましょう

また、ローン完済まであと少し頑張れば終わるという場合には、一括で返してしまったほうが利息の負担を減らすことができます。もちろん、完済したいからといって他の金融機関から借りるのはダメです。こうやっていると、いつまで経っても終わりません。金利が高いローンはリスクが高いと考えて、まずはここから完済できるようにしていきましょう。金利が低いところは、毎月最低返済額を返していけばいいです。もしくは、おまとめローンで返済場所を一つにまとめる方法もあります。おまとめローンは一つの金融機関の金利にまとめることができるので、うまく利用すれば返済金額を減らせる可能性があります。一つにまとめて管理できるので、あちこちの金利に振り回されずにわかりやすいです。例えばA社から20万円、B社から50万円、C社から60万円借りている場合、おまとめローンで借金を一本化すると借入金額が大きくなるので借入金利が下がります。消費者金融なら15%程度の金利、銀行ならさらに低金利になることもあります。まずは優先順位をつけて返すことを意識して、おまとめローンの利用も検討してみるといいでしょう。

借入金に関する融資可能額はどのようにして決定されるのか?

日頃の暮らしで急な出費に見舞われた時、財布の中の残金や預金口座の中の残高を見ても賄えないようであれば、銀行や消費者金融で手軽に借入金を得る方法がお勧めです。

とりわけカードローンやキャッシングなどの借入方法であれば保証人や担保なども必要なく最短三十分ほどの審査にてスピーディーに借入金を手にすることができます。一方、おまとめローンや目的別ローン、不動産担保ローン、事業者ローンなどの高額に及ぶ借入においては1週間や2週間程度の入念な審査が必要となるケースもあります。そしてこれらの借入金を得る際に重要となるのが可能額が幾らになるのかといった点です。

一般的にはカードローンやキャッシングなどの申請を行うと年収や経済状況、過去の借入履歴、信用度、勤務先への在籍確認を通じて融資の可否が判断されると同時に、融資可能な場合に借入可能額をどのくらいに設定するかという与信もまた決定され、通達されることになります。利用者は融資が認められた場合、この可能額の範囲内であればいくらでも、何度でも借入金の引き出しが可能となるのです。この可能額の算出方法に関してはそれぞれの金融機関や業者において様々です。一般的や年収や職業、信用度などの細かな審査項目が存在し、それに即して決定されることとなりますが、消費者金融に代表される貸金業者の場合には総量規制に関する注意も必要です。これは年収の3分の1を超える融資を禁じるもので業者はこれに違反することが許されません。そのため多くの借入を行いたいと思っていても既に他社からある程度の借入金があるために、新たな借り入れ先での可能額が自動的に低く設定されてしまうケースも少なくないのです。

また、バイトやパート、自営業、派遣社員など不安定な立場で働く人はそれに合わせて最初に提示される可能額が低く見積もられる場合もあります。しかし、その後に地道に借入と返済を繰り返して優良な顧客として認められると自ずと信用度が上昇し、総量規制に即した上で可能額の増額のお誘いが行われる場合もあります。そのタイミングを逃さずに増額審査を受けることで希望通りの可能額に近づけることが可能となります。